借金を返済しやすく整理するためには、任意整理だけでなく、自己破産や特定調停、個人再生などの方法があり、これらの手続きを総称して債務整理と呼びます。任意整理は、裁判所を通さずに、債務者の代理人として司法書士や弁護士が債権者と交渉して、毎月の返済する金額を返済ができる金額にまで分割します。

任意整理の手続きをする債務者は、安定している収入を得ていることが条件になります。



また任意整理の手続きを受けると、任意整理で返済を終えてから、およそ五年ぐらいは、新規にお金を借り入れることが困難になります。任意整理の手続きを受けた事実が債務者の信用情報に掲載されるためです。

認定司法書士は、百四十万円までの債務整理の案件であれば債務者の代理人になることができます。


百四十万円を超える案件については代理人になることができませんが、裁判書類を作成することはできるので、個人再生や自己破産の申立書を作成することもできます。

債務整理の手続きをするメリットは、債務者に直接交渉したり連絡したりしなくても、弁護士や司法書士が代理人となり債務者と交渉して毎月返済する必要がある金額を減らすことが可能になることが挙げられます。


そして、利子が付いていた返済を利子が付かない返済に変わります。


債務整理を依頼した後の返済についての面倒な手続きについては司法書士や弁護士が代行します。

ただし債務整理の手続きを弁護士事務所に依頼した場合は着手金という費用が発生することがあります。

債務整理の手続きで発生する費用には、弁護士や司法書士などに支払う着手金や報酬金が挙げられます。

破産の手続きや民事再生の手続きには、裁判所に予納金というものを納める必要があります。
予納金とは、官報に掲載する費用や、破産の手続きをした場合に破産管財人に支払う報酬や、民事再生の手続きをした場合に再生委員に支払う報酬などだけでなく、切手代や印紙代などといった実費も含まれます。債務整理の手続きの方法には任意整理の手続きや破産の手続き、民事再生の手続きなど様々な方法があるのですが、どの手続きを選ぶかによって発生する費用が大幅に違ってきます。

任意整理とは、債務整理の手続きの方法の一つで、弁護士や司法書士が債務者の代理人となって裁判所を介さずに債権者と話し合いことになります。

裁判所を介して解決を図る手続きのことを法的整理というのに対し、任意整理は裁判所を介さずに交渉を行うので任意整理といわれています。
過払い金を取り戻すために司法書士が債務者の代理人となって債権者と交渉する行為も任意整理の一つです。


弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼したときに支払う着手金と報酬金は、それぞれの法律事務所などで自由に決めることができるため、それぞれの法律事務所によって違ってきます。
ただし、予納金については裁判所に納めるお金のため、弁護士や司法書士に支払う報酬とは別のものです。

どの債務整理の手続きを選んだときでも、弁護士や司法書士にお金を支払う経済的な余裕がない場合は、民事法律扶助制度を使うことが可能です。

法律相談で弁護士に相談するときに気をつけなければならないことがあります。
それは、自分の相談事が、民事事件か刑事事件か、それとも、商事事件かを自分で判断して弁護士を探すことです。
なぜなら、彼らは法律のプロですが、法律は世の中の多岐に渡り、銀行から商売、人間関係、犯罪、行政などいたるところに、専門の法律が関係してくるからです。

そのため、すべての法律に強いわけではありません。医者にも、内科、外科、呼吸器科、皮膚科、泌尿器科など得意な分野に分かれているように、彼らにも得意不得意の分野があります。

それを一番最初に調べてから、自分の事件に当てはめて探す方が裁判に有利なのです。


例えば、お金の貸し借りや離婚、交通事故、隣人間のトラブルなどの人間関係は民事事件に強い先生を選びます。

犯罪を犯してしまったときの弁護には、刑事事件に強い先生を選びます。商売や商売上の取引には生じ事件に強い先生を選びます。
それらについては、各事務所のホームページを見ればわかりますし、もし、もわからない場合は、直接事務所に電話をかけるか、または、所属している弁護士会に電話をかけて聞いてみるとよいでしょう。

たいていの人は自分の知り合いから紹介されることがありますが、自分の相談内容に合った先生のほうが得意分野だけあって、裁判などの争いごとで勝訴する確率が多いです。

また、探している分野の弁護士がきまったら、弁護士事務所では、30分単位で法律相談をやっていますので、そこで一度自分の相談内容を相談を話して決めることもできます。
交通事故などに遭い、何か相談事があり、弁護士事務所に初めて相談に行くときに注意する、覚えておくとよいことがあります。

それは、事前の準備によって、話がだいぶ進むことができるということです。弁護士事務所での相談は通常30分で5000円です。
そこで多くの人が無駄な時間を過ごしてしまって、相談としては何も進展しないということがあります。



なぜなら、相談者は何かの問題を抱えており、たいていの場合は弁護事務所に行くまでに友人や知人、そして、親兄弟などいろいろな人に相談して、いろいろな意見を言われたり、また、相談の元となる問題事も、どうしたらよいのかわからないために悩んで訪れています。

すると、どうなるのかというと、たいていの相談者はまず、要領よく事件などの相談事を話すことかできません。
下手をすると、とにかく、聞いて欲しいとばかりに、永遠と30分も話し続けて、弁護士相談の時間が終わってしまうことが多くあります。

もちろん、延長もできますが、そういう方は要領を得ないので同じ結果になってしまいます。それでは、法律相談に行っても何もなりません。

そこで、そうならないためには事前の準備が必要です。

それは、自分の相談事の概要と弁護士にお願いしたいこと、聞きたいことを紙に書いていくことです。
そうすることによって、相談事を抱えた相談者にとっても、自分が何をしたいのかが自覚でき、また、弁護士も、普段のその人の人柄を見ることができます。

そうして、お互いがよい状態で信頼関係を結び依頼することができます。
弁護士に適正があるのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

まず、真っ先に言えることは「真面目な人」であることです。

法律の勉強は何よりも根気が求められます。
真面目で努力を惜しまないタイプの人でなければ、司法試験の受験資格を得ることさえも難しいのです。

また、晴れて弁護士となった後も、仕事柄とても多くの資料を読んだり、書類を作成する必要があります。

それも大量の法律にあたりながらの作業となるので、手間や時間が膨大にかかります。

役立つ遺産相続情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

真面目にコツコツと根気よく取り組む性格の人でなければとてもできない仕事なのです。

プレッシャーに強いこともまた、弁護士の適正のひとつです。

司法試験は、受験資格を得てから5年の間に、3回しか受けることができません。

そこで合格できなければ、それまでやってきた全ての努力が水の泡となってしまうのです。


そのプレッシャーの大きさは測り知れません。
弁護士になってからも、決してミスが許される仕事ではないために、日々精神的な重圧がかかります。
よほどの楽天家でない限り、タフでなければ長年続けるのは厳しいことでしょう。


また、ちょっと意外に思われるかもしれませんが、ユーモア精神も大切です。

対人の職業なので、法律を読み解き緻密な書類を作る力量だけでなく、生身の人間とスムーズに対話する能力が必須となります。


そうした際に、相手に信頼感を与えるためには誠実な態度で挑むのはもちろんのこと、時にはユーモアが大変に役立つことがあるのです。
堅物なばかりの人物であっては、人間は心を開いてくれないものです。
このように考えていくと、弁護士に向いている方は、基本的に真面目な性格でありながら、繊細すぎず、時にはユーモラスな眼差しでやわらかく人間を見つめることのできる方であると言えるでしょう。